マンションを借りる際の注意点

マンション借りる為のプランニング

マンションを借りる契約をして転居するまでの費用はどれくらいなのか、現在の収入だとマンションを借りるには、月々どのくらいの金額を払えるか、プランニングしてみたことがありますか。
マンションで生活するには、家賃のみならず駐車場代や管理費が請求されるケースもあり、こうした経費の合計金額を収入の3分の1以下に抑えることが大切です。
自分の資力の範囲で借りられる家賃の金額とマンション物件を絞れたら、次にマンションを借りる契約時に支払う費用を把握することが大切です。
マンションを借りるには、前家賃・仲介手数料・敷金・鍵の交換料・火災保険料などの費用を支払うことになりますが、一括払いとなっている場合が大半です。
わずか1ヶ月分のマンションの家賃を持っていたとしても、敷金は基本的に家賃の2か月分支払うことになるので、それを用意できないと契約不可になります。
この頃は、敷金を0ヶ月分としている不動産業者もあれば、反対に6ヶ月分、10ヶ月分と言った敷金を要求される賃貸契約もあります。
不動産業者に支払う仲介手数料は、ほとんどの場合は1ヶ月分ですが、仲介手数料を請求しない不動産会社もありますから要チェックです。
火災保険については2年間の契約の場合で2万円程度になります。
玄関の鍵の交換代はタイプにもよりますが、1万円ほどを見込んでおきましょう。
前家賃の場合は入居月分の家賃と考えれば良く、日割りで支払うことになります。
これだけ考えただけでも、借りたいマンションを契約する時にはかなり高い費用が求められることが分かります。
自家用車があるなら、駐車場を借りる際にも敷金や仲介手数料が生じる可能性も考えられます。
契約するにあたっては、5ヶ月から半年の家賃分の用意は必須と言えるでしょう。